圧倒的な主観による2020冬アニメ感想まとめ 序

総合的に見て、今期はとても豊作ですね。

冬アニメってなんでこう豊作が集まるんでしょうか。

今回はそんな、2020冬アニメの序盤をざっと見た感想をまとめていきます。

なお、タイトルにもある通り、主観と偏見に満ち溢れた内容となっていますので、不快に思う方がいるかもしれません。

そうなってしまった場合に備えて、初めに謝っておきます。

スンマセン

管理人

また、1話の完成度が非常に高い作品が多く感じました。

1話という作品の世界観が浸透してないなかでも、視聴者が面白いと思える場面を提供し、話の広がりを想像させて、面白そうという予感を与え、2話に向けての気になる引きで締めるという完璧な1話が多かった印象です。

アニメ業界的にも、かつて主流だった(?)3話切り文化から、近年、傾向が強まっている(?)1話切り文化への対応をしているのかもしれませんね。

以下の感想はメモ的なノリで書き記しているので、砕けた口調(文体)になっていますが、ご容赦を!

2020年冬アニメ感想

ダーウィンズゲーム

原作は10数巻続いてるし、ある程度の面白さは保証されているだろうと思ってみてた。

こういうデスゲーム系の面白い作品ってのは、大体、マガジン系の作品という印象だったので、秋田書店というのは若干の不安材料ではあったが、このDゲームは、コミックスの表紙がめっちゃいいのでまぁ大丈夫だろう(超理論)という印象だった。

1話の松岡修造みたいな演出はさすがに寒いとしか言いようがないけど、1話ずつ物語がちゃんと展開していくテンポの良さはいいと思う。

まぁ、でも2話までだと、テンポの良さと引き換えに、ちょっと雑というか、とにかくこういう設定だから早く慣れろよ的な強引さがあるのは否めないが、「王様ゲーム」とかいう駄作よりかは100倍マシだと思う。

この手のデスゲーム系ジャンルは、世界観が浸透して、敵陣営、味方陣営がそろってきてからが、面白くなるので、そこまでさっさといけそうなのは、ポイント高いし、そこまでの繋ぎとして、ヒロインのシュカちゃんがかわいすぎるので離脱などありえへん!

何より、謎の、このアニメは面白いだろいうという予感がする。

劇薬「シュカちゃんカワイイヤッター」の効果が切れる前に、物語自体に面白さが帯びてくることに期待したい。

(この劇薬なかなか効果がきれないのがすごい。沢尻さん・・・あなたを救えるものがここにはあるのかもしれない)

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

なろう系によくある、高卒DT無職こどおじの目も当てられない現実逃避の妄想を具現化したような物語にはもう馬鹿にする気にもなれず、辟易するのみだったが、まぁ、その分、何も考えずに見れるというメリットはあるのだと思う。

この作品は、ノーストレスで見れるという、なろう系のメリットだけを踏襲して、主人公を女の子にすることによって、他なろうでよく感じる不快感を減らしているのが特にいい。
(いや、実際には他のなろう作品はストレスフルなのだが。)

一見、異世界転生モノかと思いきや、普通に女の子がゲームしてるだけという、普通の、ゲーム好き女子高生の日常ものだったというのは、うれしい誤算すぎた。

まぁ恥ずかしい横文字の技名とかは、健在ではあるけれど、ほんと、もう、ゲームからログアウトできるっていう点ですでに、落涙級の感動を覚える。

なろうも成長したんやなって。

まぁ普通にストーリーが面白いかと言われれば、そうではなけれど、飯食ってる時に見るくらいならいいんじゃね(適当)

群れなせ!シートン学園

今期アニメの中で、一番続きが見たくてたまらないアニメとなったスタジオ5組のホープ!

私の目には、pvがあまり面白くなさそうに映り、いやぁ流石のスタジオ5組もたまには駄作を作るのかなぁという杞憂を抱いた愚かさを嘆くばかりである。

とにかく、1話の出来が素晴らしすぎたし、シリアス調の場面でも、ヒロインが動物なので4足歩行でチョコチョコあるいて笑える場面も作ったりと、なんかとても安心して見れるアニメである。

ただ単に、登場キャラがかわいいだけでなく、視聴者に対して動物教育を施し、その復習と言わんばかりに教えた動物知識を使って笑いをとるという、文部省が推していくべき知育アニメでもある。

推しアニメが文部省に推されたら死ぬ・・・b

この手の、キャラの掛け合いが面白いアニメってキャラが出そろうまでの最初の数話が、キャラが仲間に加わっていくだけの、単調なものになりがちだが、シートン学園のキャラは、出てきたその話の中ですでに、キャラのインパクトが強烈でキャラが立ってて、キャラ紹介の話だけでも、すでに滅茶苦茶おもしろい。

ダークホースという域を超えて、個人的覇権は、シートン学園になりそうだ。

美少女動物園(本物)の行く末が気になって夜も眠れない。

恋する小惑星

異論はあるとは思うが、動画工房の作品って結構、世間的には面白いと言われているアニメの中でも、私の中では、あたりはずれがある。

例えば、世間的にとても評価の高い「未確認で進行形」や、萌えブタたちに人気の「三者三葉」、「NEW GAME!1期」(2期はかなり好き)などは、私の中では、ちょっと微妙かなという感じだった。きらいじゃないけど・・・

まぁでも、それ以外の、「干物妹!うまるちゃん」「ガヴリールドロップアウト」「私に天使が舞い降りた!」などは、とても面白いと思っていたし、動画工房は当たり会社だということは共通認識で間違いないと思う。

そんな動画工房作品の中でも、特に序盤において、突出しているのがこの「恋する小惑星」だと思う。

1話の完成度が完璧だし、シートン学園ほどではないとしても、各キャラの存在感もかなりある。

実際に存在した、過去の夜空を参考に作画していというのも、動画工房の本気度を感じるし、その高い熱量で生み出された「恋する小惑星」という作品は、かつてのきらら覇権大魔王「ゆるキャン△」にも負けてない、癒しと安心感がある。

序盤から面白い恋アスのさらなる躍進に期待したい。

異種族レビュアーズ

僧侶枠ではない方の、毎期あるポロりん枠である本作。

前クールの神田川ジェットガールズとかいう、つまらんTKBを晒したアニメがあったが、そんな駄作TKBからタスキを繋いだ異世界レビュアーズのTKBは天と地ほどのTKBの完成度の差が存在していた。
(なお、神田川については1話でTKB切り)

もうそれだけで素晴らしいのだが、それに加えて、世界観の作りこみもしっかりしているのが、とてつもない没入感を引き出している。

そこらへんのなろう作家が作り出したハリボテの異世界なんか比じゃない、圧倒的!異世界感!

なにせ、作者である天原先生は、グーグル検索欄に放り込んだ際に、予測変換第一位ワードとして「天才」という語句が来るほどである。

正直、個人的にはビースター系は、門外漢というか、苦手ジャンルでもあったが、この作品を見ることにより性癖が拡張されていく気持ちよさは、どんなに素晴らしいファンタジーを描いた作品よりも、心臓が早鐘を打ち、心躍る高揚感を与える力がある。

自分すら知らない己の可能性を知りたい勇敢なる冒険者にこそ、ふさわしいアニメである。

22/7

とてつもない神キャラデザ、豪華スタッフ陣とは対照的すぎる、あまりにも棒読みすぎる声優(のようなもの)のpvで話題になった、ナナニジ。

個人的には、秋元康が、あえて、アフレコの下手な段階のものをpvとして使い、冷やかしに来た人々を、超一流スタッフで固めた、質アニメで殴り、アニメそれと、それを演じるアイドル声優(?)に夢中にさせるという一種の炎上商法的な感じかと思って、一抹の期待を胸に抱いて1話を視聴したが、普通に主人公の声優が滅茶苦茶下手で萎えた。

あそこまで下手だと、普通に物語に没入できないから、感動も生まれないし、何のためにこのアニメ見てるんだろうっていう感じ。

あまりにも演技として成立してないため、副音声かな?と毎回思ってしまうが、普通にキャラがしゃべってるだけだった。

あれが逆にいいって言ってる人は、あれを演じてる声優もどきそれ自体に興味があるのだと思う。

不器用だが顔面偏差値が高い女の子が頑張る姿を見たりするのが好きなアイドルオタク的には、あの完成度が逆に良いという感想になるのかもしれない。

まぁでも、あんなに豪華な制作陣が作るアニメという存在を、たかが小娘のダシとして使っているという事は、かなり不快に感じる。

個人的に、秋元康の何が嫌いかって、彼の作る曲なんだよねぇ。

出来の悪い4流合唱曲みたいな曲調、俗世に染まりすぎた秋元氏の「青さ」への強い憧憬、渇望のようなものからくる歌詞。

とにかく、彼の作る曲が嫌いなんですよ。

はっきりいって、気持ち悪い。(個人の解釈、個人の感想です。)

そんな、秋元氏の嫌いな部分が作品中にも、テーマとして表れていたように感じた。

なので、秋元氏のコンテンツが好きな人は好きな作品になるとは思う。

私自身は、このまま下馬評通りに、秋元氏が金で殴ればええんやろと、視聴者を舐めた精神だけで、アニメを作ったのかという真偽を確かめるために、この作品を見続けますけどね。

映像研には手を出すな

普通に面白い。

このご時世、萌え抜きでアニメを作って世間に評価されるってなかなか難しいことだと思うけど、それができて当たり前、こっからさらに面白くなるぞというメッセージを感じた。

湯浅監督の「ピンポン」を見返したくなった。

映像研の来週が待てない人は一緒に見ませんか?

虚構推理

「推理」だの「事件」だの、少しでもミステリーを匂わす作品に対して、レビュー欄で、こんなのミステリーじゃねーよというミステリーコレクトネスおじさんが暴れているのをよく見る。

実際、この作品も1話は、推理の要素などどこにもなく、まさかの、物理バトルもののような引きで2話につなぐという、ミステリーに自信ニキもこれには憤慨するのも無理はないのかもしれない。

しかし、この作品は、本格ミステリーの賞を受賞しているし、そこらへんは安心してほしい。

それに、見た目に反して肉食系のヒロインがとても可愛いし、そのヒロインと主人公の掛け合いの心地よさは随一のものがある。

このリズミカルかつコミカルな掛け合いに、ミステリー要素が絡まることによって、さらに面白い作品になることが確定してるようなもので本当に楽しみな作品だ。

ヒロインを慕う妖怪達もかわいいしね。キモカワー^^

それにしても、最近は女の子が大胆な告白をしてスタートみたいな作品をよく見るなぁ。

ここまでくると、アニメ界の男の不甲斐なさというのは、本当に悲しいものがあるなという寂寥感に包まれる。(虚構推理の主人公のことではないけどね)

アニメ界の男子、金玉1個しかない説を提唱したい。

推しが武道館いってくれたら死ぬ

唯一、1話を見る前、pvの段階ですでに面白いだろうと確信できたアニメ。

主人公の呼称が「えりぴよ」っていう、どちらかというとクールビューティー系の外見である、このキャラにはちょっと可愛すぎるというかファンシーな呼称が、じわる。

その他にも、主人公の推しアイドルのイメージカラーが桃色ではなく、「サーモンピンク」というのも、なかなかユーモアのセンスあるなぁ~としみじみ感じる作品。

私自身、AKBとかのアイドル系が好きじゃないという面もあって、アイドルオタクっていうのを個人的に内心、気持ち悪っっと馬鹿にしてきたが、彼らドルオタのことも理解できるなというほどに、登場人物が愛おしく映る。

互いに思いあっているんだけど、すれ違い続けるえりぴよと舞菜、二人の行く末を生暖かく見守っていきたい。

超電磁砲T

セフレ。一番気軽に見れて、何かあったら、すぐ切れる。インデックス好きじゃないし、たぶんレールガン2期見てないし。

体の相性はいいのか、かなり面白く感じる。

キャラもたってるし、こういう学園内で順位があって~っていう設定自体が好き。

超電磁砲メインでやってたら、この作品シリーズが自信をもって好きと言えるものになったんだろうなぁ。

ランウェイで笑って

文句なしに面白い。がゆえに、重いよ。

このアニメは俺の中でとても高尚なところに位置してしまったため、一番頭が冴えていて集中できる時間帯に、コーヒーの1杯でもいれて、正座でみないと、という使命感を感じる。

この強迫観念から解放されるためには、この物語が完結しており、それらを一気に見ることができるという状況を作り上げる必要があり、現実では再現不可能な状況である。

なので面白いとはひしひしと感じるのだけど、なかなか最新話を見たいと思わない。

だって苦しいもん、待ち続けるのって。

ランウェイで笑って、重いよ。はぁ。

MEMO
・今後、見るアニメが増えたら追記する可能性があります。

・また、見ているアニメが中盤くらいに差し掛かったら追記します。