メインヒロインがサブヒロインに負けてしまったアニメ・漫画まとめ

漫画界には、読者アンケートという人気投票が存在し、その結果によって、漫画作品が連載され続けるか否かが決まることも少なくないですよね。

特に、少年ジャンプなんかはその典型ですね。マガジンなんかは、人気投票至上主義ではないのですが・・・

漫画界に勝者と敗者が生まれるように、漫画、アニメの中のヒロインレースもまた、過酷なものが繰り広げられており、時折、メインヒロインとして当初は勝利を約束されていた、もしくは、一番、ヒロインレースにおいて、リードをとっていたキャラが負けてしまうという事が、あります。

今回はそんな、サブヒロインに負けていしまった可哀そうなメインヒロインが登場する漫画、アニメを紹介していきます。

キリカ

かつて、敗れていったメインヒロインたちを供養するよー

いちご100%

2002年から2005年に、少年ジャンプで連載していた、ラブコメ漫画です。

あらすじを簡単に説明すると、主人公である中学3年生の真中淳平はある日の放課後、校舎の屋上に出ようと扉をあけると、女の子が飛び込んできて、その女の子と衝突してしまい、「いちごのパンツ」が丸見えになってしまうというラッキースケベ展開からスタートします。

そして、いちごパンツの女の子の美貌に目を奪われた、主人公真中ですが、その子が誰なのかをとても知りたがります。

唯一の手掛かりは落ちていた東城綾と名前の書かれた一冊のノートで、翌日、東城を訪ねたが、おさげ髪に黒縁メガネ、野暮ったいほど地味な印象だったため、いちごパンツの美少女ではないと思いこんでしまいます。

そして、あの美しい女の子はだれなのかと、またもや捜索していく主人公を、彼の友達らが、学年のアイドルである、西野つかさに違いないと彼を煽り、真中もそれを信じ込んでしまったため、西野に告白します。

そう、この西野こそ、当初想定されていた、メインヒロインである、いちごパンツの美少女である東城に勝ってしまったサブヒロインなのです。

キリカ

西野がサブヒロイン、東城がメインヒロインねー

主人公真中は、物語の序盤、西野に告白し、なんだかんだありながらも、付き合うようになるのですが、次第にメインヒロイン、東城に惹かれていき、西野と別れてしまいます。

東城もまんざらではなく、主人公に好意を募らせていきますが、西野と真中が付き合ったり、別れたりと作中で2度繰り返したため、なかなかタイミングがつかめないでいました。

そんなこんなで、東城の当て馬として、あてがわれた負けヒロインであった西野ですが、負けヒロインにするためには、一度、ラブラブにして別れさせるなど、ドラマが必要なので、様々なドラマを主人公と紡いでいきました。

そうしているうちに、いつの間にか、西野と主人公の恋愛パートが作中でも多くなり、読者も、その行く末に、一喜一憂するうちに、西野の人気が爆発的なものへとなってしまったのです。

当時行われた人気投票でも、東城が4026票を獲得し、作中での人気が2位になったのですが、肝心の西野は、5760票も取ってぶっちぎりで人気1位をかっさらっていきました。

キリカ

1700票差はやばば

ちなみに、私も高校時代にこの作品を読みましたが、普通に読んでいたら、絶対に西野派になるなと思わされるほど、作中での西野が可愛く描かれていますし、逆に、東城はすこし影が薄いかなという印象を抱かざるを得ませんでしたね。

キリカ

同じ作者の「初恋限定。」はほんとに面白いラブコメ漫画だから読んでほしいぃ!(全四巻)

神のみぞ知るセカイ

数々の女の子を攻略してきた天才ギャルゲーマーである主人公、桂木桂馬はなんだかんだ色々なことがあって、悪魔少女エルシィに「駆け魂(かけたま)」と言われるものの捕獲を頼まれます。

この「駆け魂(かけたま)」は、人間の心のスキマに憑依するため、取り付かれた人間の心のスキマを埋めないと捕獲することができない。

つまり、それにはターゲットを口説き落とし、キスをする必要があり、女の子を口説き落とす天才(2次元の)である主人公桂馬に、その依頼をしてきた、という事ですね。

キリカ

普通にホストに依頼した方がよくなぁーい?

桂馬もその依頼をなんだかんだ受けることになり、2次元の中での落とし神が、3次元の女の子を次々とギャルゲー知識を生かして、落としていくという作品です。

この作品も非常に人気で、週刊少年サンデーで6年間も連載され、テレビアニメ1期、2期、3期とも非常に人気の作品でした。

物語の性質上、次から次へと、メインヒロインになりうる女の子が出てきて、桂馬に落とされていくのですが、そんな数多の女の子がヒロイン候補の中、物語も完結し、ある一人の女の子を桂馬が選んで、無事完結するのですが、この時に、選ばれたヒロインが、あまりにも以外で、ちょっとした騒ぎになるほどでした。

具体的には、ネタバレになるので詳しくは言いませんが、いちご100%と違い、人気投票にもランクインしないキャラが選ばれたということで、衝撃的だったんですよね。

まぁ、結末はどうあれ、この作品が非常に面白い作品であることだけは確かなので、気になったらチェックしてみてください。

NARUTO -ナルト-

ほどんどの人はご存じかとは思うんですが、ナルトもメインヒロインが負けた?といってもまぁ悪くないんじゃないですかね。

あれだけ、序盤にナルトがサクラに恋心を寄せており、しかし相手にされない中、サクラが思いを寄せるサスケは、里を抜けて犯罪者になってしまいます。

道を外してしまったサスケをどうにかしてナルトが厚生させて、彼のいない間に、二人、恋心を育むというのが、当初、ナルトを読んでいた読者の大半が予想していた展開だったと思います。

しかし、結果としては、負けヒロイン、当て馬的存在だった、ヒナタが、物語が進むにつれ、メインヒロインの風格を兼ね備えてきて、最終的にはナルトと結ばれて大勝利!となります。

まぁ、今考えなおしてみれば、ヒナタの家柄と血筋、ナルトの血筋を考えれば、あの結果が妥当だったと言わざるを得ませんね。

キリカ

サクラがメンヘラすぎるってのもあるる!

とある魔術の禁書目録

この作品も、タイトルに入っている通り、インデックスちゃんが、メインヒロインの設定だと思うのですが、ラノベ全体のヒロインの人気投票で圧倒的に、御坂美琴が抜きんでてしまったため、出番がどんどんなくなっていった悲しい歴史があります。

この、御坂美琴という女は、インデックスからメインヒロインの座を奪っただけでなく、主人公である、上条当麻からも、大切なものを奪っていきました。

そう、主人公の座です。

まぁ、厳密には、御坂美琴が主人公となった物語が作られたというだけですが、御坂美琴が主人公である作品、「とある科学の超電磁砲」の人気は凄まじいものがあり、2020年1月現在も、アニメが放送されているほどです。

しかも、本家である、禁書目録よりも超電磁砲のほうが、アニメのクオリティが高かったりと、いろんなメインを奪っていった強欲なヒロインともいえるでしょう。

キリカ

なお、管理人は御坂美琴が大好きな模様・・・

まとめ

この他にも、メインヒロインが負けちゃた作品は、結構あると思います。

特に最近だと、リゼロとかも、レムの人気が凄まじく、エミリアも人気があるのですが、人気面で追いつけそうにありませんよね。

しかし、マイナーヒロイン推しをしているアニメ、漫画ファンには希望となるような作品群ですので、いつか自分の好きなキャラが幸せをつかむことを願って、この記事を作りました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。